2007年04月09日

琉球からきた女

あの島はどこの国?琉球は日本とは、全然違う文化の島。人はもちろん、言葉は、遠い国の響きを感じる。お年寄り同士の会話はまるで外国語。意味をまったく理解できないだけじゃなく、独特の響きに驚かされる。中国とも韓国とも日本とも違う。竜宮城の世界かな?

ところで、仲間由紀恵、琉球の言葉話せるのかな。まだ一度も聞いたことないけど。お年寄りのようにしゃべれれば、すごいな。最近は方言が薄まってきちゃって、みんな中途半端な標準語。東京でタレントやってれば、方言丸出しというわけにもいかないだろうけど、たまにはお国言葉聞きたいね。

目立つのは大阪弁をはじめとする関西系の言葉だけ。あいつらだけじゃないの。堂々と方言使いまくってるのは。立派だといえば、立派。全国放送で自分たちの言葉をちゃんと確立してるんだから。でも、しょっとでしゃばり過ぎ。不快感を抱く人だっている。

琉球は音楽もいいんだ。あんな小さな島なのに、独自の音階を持ってる。こんなことほんとに珍しいこと。琉球民謡の旋律は言葉以上に異国を感じさせてくれる。遠く離れた南の島。ほんとに日本なの?古城の建物の造りに色彩。泡盛に陽気な踊り。艶やかな着物と口笛。大和ととは異世界。

正に竜宮城。姫の名は仲間由紀恵。
posted by ハイサイ at 21:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。